新しい自分、本当の自分が見つかる場所。心(ここ)で待っています。

2023年

1月

31日

知らない土地の知らない人との縁

僕は、若いころは、花や植物は好きだったけれど

育てることに興味はなかったです。

 

時間の余裕もなかったし、他事に目を向けることも沢山あったから。

 

が、しかし、もう ここ何年も 植物に囲まれて暮らしています。

これまでは観葉植物一辺倒だったけれど

花のレッスンに通うようになってからは 花を育てるところにも

手を出しています(笑)

 

お気に入りの植物やさんは 何店舗かあるけれど

ネットで一度購入して、その店の植物が元気で生き生きしているのと

スタッフの人が毎回丁寧に手書きで手紙を同梱してくれて

一度お試しのつもりが、今は、気になる植物があると購入しています。

 

一昨年は、ポインセチアを購入し、

立派で丈夫なポインセチアは、その年は花を終わらせ

緑色の葉を元気に見せてくれました。

そのことを近所にいる園芸センターにいる僕の師匠に伝えたら

「ポンセチア、今年 咲かせてみては?」というので

そのやり方を聞くと、

 

★10月から毎日 夕方5時には家の中にいれて暗くして(段ボールなどで暗い状況をつくる)

そして朝の8時には外に出して日を当てる

 

それを欠かさず毎日2か月やること。

 

一度でも怠ったらリセット。そこから また2か月 欠かさずにやること

 

これは、かなりの気合と根性と覚悟がなければならない・・・・

 

師匠いわく 面倒なことだから やる人は ほぼいないという。

 

んー。。

 

せっかくの素敵なポンセチア あの赤い花を咲かせたい・・・

 

覚悟を決めて10月から始めました。

段ボールをピッタリのサイズに作り

忘れぬよう 表は8時 裏は5時の看板をつくり

 

途中 不安で師匠に写真を見せに行き確認し

赤い葉になって花芽がでたら、8時5時は終わりで

明るい窓辺に置く・・・・

 

2か月の間に

長野に旅行に行くことになり、どうしようかと考えた末

車での移動だったので、一緒に連れて行きました。

 

師匠いわく 一緒に植物と旅行に行く人はいないよ~と爆笑されだけど

それだけ もう 家族の一員になっていたから

一緒に連れていくことはむしろ 嬉しかったんですよね。

 

旅先でも8時5時と段ボールかけたり外したりしながら・・・

 

2か月後

赤くなってきました。

最初にうっすら 赤くなってきたときは、ウルウルしちゃって・・・(笑)

そして、どんどん色は濃くなり ついに 花芽が!!

 

クリスマスの頃には、真っ赤な花が!

そして 年を超えた今も さらに 赤くなり・・・・・

 

我が家の元気な ポインセチア どうぞ 見てください。

 

そして みなさんにもパワーを!

 

 

続きを読む 0 コメント

2023年

1月

23日

初詣

先日 初詣に行きました。

 

1月中には 毎年行くようにしています。

 

 昨年のお礼と今年の抱負を

心で伝え、見守ってもらえるようにと手を合わせました。

 

なんの信者でもない僕ですが

教会は大好きです。特にステンドグラスのある教会には目がありません。

神社仏閣も好きです。

どちらにも共通していますが 神聖な感じがして好きです。

 

どちらでも手を合わせますが

手を合わせるという行為が 研ぎ澄まされた感じがして

気持ちがいいです。

 

神頼みはしません。

 

何事も 自分の行いで良し悪しも変わるし、思った結論や結果でなくとも

それもまた自分の宿命や運命でもあるし それに対して

また考えを新たにしたり 行動を変えてみたりしながら生きていくことが

修行だと考えます。

 

昨年は 沢山の神社で パワーをもらいました。

乗り越えなきゃいけない壁も沢山 相変わらず 出てきました。

家族のことや、自分のこと、いろんな出来事はありましたが

そのどれもを その都度 手を合わせ精神統一しながら ひとつひとつ

乗り越えてきましたが、引きずることもあったりして

それでも、負けじと己と向き合ってきました。

 

 

今年 初詣で思った豊富や

昨年掲げた 漢字一文字を 胸に どんな一年になるかは

自分次第でもあり、運命もあり、奇跡もあり、いろいろあるでしょうが

先がわからないから 楽しいのだと思い

日々、できるだけ 優しい気持ちで過ごしていけたらと思います。

 

みなさんは、新年の始めには

どういう意気込みで 何をするのでしょうか?

 

それとも 特別はなく 始める感じでしょうか。

 

なんにせよ 今ある 自分の身体を大切に!

0 コメント

2023年

1月

15日

変化めまぐるしい

 

まだまだ 寒い毎日ですが みなさん お元気ですか?

 

東京は乾燥がひどいので タオルを干したり加湿器をあっちこっちに

つけて対策していますが 僕は口を開けて寝ているようで

喉がカラカラになってしまうので 色々と喉ケアのマスクをつけて寝たり

(いつのまにか外している。。。)

マウスピースして寝たり(これも、続かない)

 

最近のお気に入りは 鼻呼吸テープ。

これを口に貼って寝ると 朝まで取れずに鼻呼吸できているようです。

テープも前は、自分で無意識にとってしまっていたのですが

最近は強力バージョンが出て、それを貼ると 朝までくっついていて

いい感じです。雨が降らない毎日だと 乾燥がほんとにきつくて

外では火の用心アナウンスもあるほど、こんなときに火が出るとあっというまに

広がるだろうと思うと 都会危険あるあるです。

 

さて、変化めまぐるしいというタイトルですが

 

時代がどんどん 変化していき、ついていけないことばかりです。

 

最近では 成人の日 

成人は18歳からになったようで。身近に成人の人がいないので

余計にピンとこないけれど 成人式に受験生がいたりするんですよね。

タバコも酒もダメだけど選挙権はある。

ってことは選挙の投票人数を増やすため?

 

18歳であることのメリットはなんだろう。

 

結婚?んー・・・それを待ち望む雰囲気もなさそうだし。

むしろ、早い結婚の若い子も少なさそう。

 

外にはいつのまにか公衆電話がすっかり影を潜め

お金を入れて電話するなんてことを令和の子は知らないだろうし

平成の子も知らない子いっぱいいるのだろうな。

 

現金でのお年玉ではなくて 電子マネーで送ったりするらしいし?

便利なことは沢山あるけれど その便利さもわからない人もいっぱいだし

僕の年齢は、生活に必要なことは 覚えようとする力はまだあるけれど

生活に必要のない 興味の部分では すっかり衰えていることを感じます。

 

たとえば、パソコン関係 昔は、いろんなことを試してみようと

知らなくてもいいことでも、便利だからと 机にかじりついて知り得ようと思ったものだけど

今は、最低限 必要なことを知っていればいいのだ。と開き直っています(笑)

 

若い子のカウンセリングをするときに 毎回

おー!へぇ~! なになに?と 質問したり感心したり感激したり

感情が急に忙しくなります。

若い子が悩むことにも時代背景があり、

学校の中の様子も全然違います。

 

先生が偉そうだったりマウントとったり、体罰や、パワハラなんてことは

日常茶飯事であり、先生とはそんな生き物って思ってたけれど

今の先生は、生徒に嫌われぬよう 立ち回ったりするらしい。

ちょっとでも、言われると、それを学校に言いつけることもアタリマエみたいだし

生徒同士のイジメの感じも、昔とは違うなと思います。

 

部活での内容も、上下関係も、いろんな学校事情も

大きく変わっていて

共感したいけれど、違いすぎて 共感はできないからこそ

その人の気持ちを考え寄り添うことに集中します。

 

今後も どんどん 変化し続けるであろう

法律や生活の中でのこと。

 

自分がこの世にいる間に

どんだけ おったげることが 起こるのか

 

楽しみにしておこう。

0 コメント

2023年

1月

08日

10の秘訣

人生を変える 10の秘訣

 

1 「1日」は「早起き」から

 

2 「挨拶」は「自分」から

 

3 「会話」は「傾聴」から

 

4 「説明」は「結論」から

 

5 「自信」は「姿勢」から

 

6 「知識」は「学習」から

 

7 「技術」は「マネ」から

 

8 「努力」は「目標」から

 

9 「経験」は「挑戦」から

 

10「行動」は「いま」から

 

 

続きを読む 0 コメント

2023年

1月

02日

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

 

画像は正月飾り。

僕が作りました。

 

2年前に

お気に入りの花やさんで 花のレッスンをやっていることを

知り、月に一度 花のレッスンを受けています・・・

 

が、先生が自由人で好き勝手にやらせてくれるので

ほとんど 僕の自由にさせてもらっていますが

わからないことはちゃんと教えてくれます。

花にも、習字にも興味が もともとあって、どちらも自己表現の場なので

興味があるのですが、僕にとって大事なのは、先生との相性で

型にはまったタイプの人とは、ダメなのと、その先生の持つセンスが僕の好みであれば

合致して習いに行く・・・というスタイルで選んでいます。

 

かなり自分の主観に基づくので はまると長く続くし

はまらないと 習いません(笑)

 

習字の先生は 武田双雲さんに 習いたいけれど 彼は海外に行ってたり

ベースが熊本なので なかなか叶いそうにありません(涙)

双雲さんのような書道家に出会えたら きっとすぐにでも習いにいくでしょう。

 

今年も漢字ひともじが 決まって

それを目標に動き出しています。さて どんな一年になるやら・・・

 

今年2023年は 世の中の動きもどうなっているのか

コロナは どうなるのか

災害などないといいし、物価が高騰しないといいし 事件や事故もできるだけ

ないほうがいいし、などなど 思うことは多々あるけれど

 

まずは、みなさんが健康であることが一番大事です。

いろんな楽しい 嬉しいという感情も、体が健康でなければ生まれません。

体がシンドイのに楽しい!なんて人はいません。

 

適度に体を動かして しっかり食べて しっかり眠ること。

そして、好きなことを ひとつでもできること を目指して!

 

今年も、みなさんに 寄り添っていけるよう僕自身も元気でいられるよう

精進していきますので よろしくお願いします。

 

2023年 お正月 

 

0 コメント

2022年

12月

28日

2022年もまもなく終わる

2022年もまもなく終わりますね。

今年は、みなさん どんな1年でしたか?

 

昨年末に掲げた僕の漢字ひともじは

「保」でした。

維持する 保つ といったことをテーマに過ごしてきました。

結果

まぁまぁ、現状維持ができたのではないかと思っています。

 

僕の話をすると

コロナにもかかることなく、ケガや病気もすることもなく 健康体で1年を過ごせたかなと

思います。これまで、まわりにコロナに感染した人がいなかったのに

今年になって身近な人が何人もコロナ感染しました。みな、おかげさまで、軽度で

入院レベルに達することもなく元気に復活しています。近くまで迫ってきたのだなと

実感しながら、ストレスをためないように睡眠や食生活などには気をつけています。

 

89歳になった父親は、今年も寄席教室の発表会を若い人たちと混じって

演じました。来年は、90歳になる父親をその発表会の「大とり」にすると師匠に宣言され

そんな滅相もないと言いながら嬉しそうに家族に自慢しています。

どうか、元気でその日を迎えられるようにと願わずにはいられないくらい

やはり高齢なので心配です。しかし父親は頭(脳みそ)を使うことが生きがいなので

運動はしたくないし苦手なので敬遠しているけど、アイパッドを駆使して文章を

書いたり小説を描いたりと 僕なんかよりすごく記憶もいいし、まったく

ボケる気配すらありません(笑) ほんとに都合のいい記憶脳になっていて

確実に僕の脳は、何かが欠けているような気がしています。特に焦っているわけでは

ないけれど、毎日 1行でもいいので日記を今年1年間つけました。数日書くのを

忘れると前の日は、その前の日は 何があったっけ?と思い出すのもまた

よいトレーニングの気がします。みなさんにも これはおすすめです。

 

さて 2023年は どんな1年になるのでしょう。

そして 旅が好きな僕は、海外に行くことができるのか 

目の前にある現実に向き合いながら、できる限りの楽しいこと 心躍ることを

続けたり、探したりしながら邁進していきたいと思っています。

 

今年もありがとうございました。

また来年もよろしくお願いします。

 

良いお年を!!

 

0 コメント

2022年

12月

21日

あと10日

今年も残すところ あと10日となりました。

 

何か 特別なことはできないかもしれないけれど

無事に2023年を迎えられたら それだけで十分です。

 

コロナもまだまだ終わってないし

インフルエンザや帯状疱疹 

どれだけ ワクチン接種していても、万全じゃないし・・・・

 

「生き延びる」ことが

一番難しいと思える 今のご時世です。

 

そろそろ 来年の 漢字一文字を考えようと思っています。

 

来年 どんな一年にしたいのかを考える

10日間に したいと思います。

 

 

0 コメント

2022年

12月

14日

時間を守る

僕は、せっかちだから、約束の時間には、必ず その前に行く。

 

家族みんながそうだから

習慣みたいなもの?

 

母親は、海外に行くのに 空港に4時間も前に着いていたこともあったっけな(笑)

 

とにかく 遅刻して慌てるのが嫌なのと

心配なのと どっちも相まって 約束の時間のだいぶ前に行くのです。

 

待ち合わせのときは、相手を待たせたくないのもそうだし

遅れたら失礼だろう・・という気持ちもある。

(仕方なく遅れるときは早めに連絡を入れないとね)

 

そんな 約束の時間のことを

 

こんな風に書いている人をネットでみた。

 

 

時間を守るということは大事だなと思う。

簡単に決まった約束を破ったり、待ち合わせに遅れる人は

相手の時間を奪っていういることを自覚していないことが多い。

「相手の貴重な時間を貰う」という気持ちを持つことが大切だ。

それを忘れて時間泥棒をすれば

信用を失くしてしまう。

 

 

続きを読む 0 コメント

2022年

12月

08日

人との関わり方

人生 これまで

沢山の人間と出会ったり別れたり・・・・

 

人それぞれ 顔が違うように それぞれのかかわり方も違う。

温度も距離も違うのだろう。

 

幼稚園とか保育園くらいから 誰かとかかわるようになり

それから、自分が大人になるにつれて 選ぶ相手も、変わり

関わりかたも変わる。

小学校、中学校、高校、それぞれ、部活動あったり、帰宅部だったり

バイト生活だったり、そこから社会人だったり、大学生だったり・・

 

そして 女子だったら結婚で主婦だったり、共働きだったり

子育てだったり、そこからママ友だったり・・・・

孫との関わりだったり・・・

 

結婚しない女子なら そこから先の生き方での関わりだったり・・

 

男なら、会社だったり、趣味だったり、定年だったり

 

まぁ、道のりは、枝のように みな 違う・・・

 

言いたいのは

 

大人になるにつれて 人との距離ができるのは 仕方ないのかな?ということ。

 

みな生活が違うから 仕方がないと言うけれど、それはわからなくもないんだけど・・・

 

時々、僕は、子供の時のように、学生時代のように

相手に対して、自分で気づいたことを 言ってみたくなる。

だけど、大人になると、素直にその言葉を受け止める前に、

言われたくない精神状態が先に立つのか その言われたくないというのは

誰かに何かを言われたくないという気持ちやら、自分と相手の「今」の幸せ度みたいな

ものを勝手に比較して 言われたくないみたいな感情になって受け入れない姿勢になって

それが原因で関わりが終わってしまうという 思いもよらない最悪な状態になる・・・

 

僕は、その「終わり」を何度も経験している。

 

子供の時のように、お前のここが気に入らないんだ!みたいな

けんか腰にはいうつもりもないし、ただ、気づいたことを伝えたいだけなんだけどな。

 

けんか腰といえども、そういう学生時代の喧嘩は

相手に、わかってほしいから言うんであって憎んでいるから言うのでなく・・・

その後の仲直りの瞬間が特別素敵で、その喧嘩のあと、もやもやして

言い過ぎたかな いや そんなことはない という葛藤を経て

謝ったり、謝られたりして 素敵な仲直りをする そして 絆は強くなる・・・

 

そんな 学生時代 子供時代が とても好きだったことを

時々 思い出す。

 

大人になったら、年齢を重ねれば重ねるほど

その感覚は みな 遠のき、「聞く耳」がどこかへ行ってしまう。

僕の母は、時折 僕を叱った。

的を得た内容ばかりで、うっせーな と言い返しては

(そうなんだよ 俺って そこがよくないんだよ)と改めて

気づかされて、意識して直そうとしたりするのだった。

 

嫌いな相手のいうことに耳を傾けなくとも

好きな相手のいうことには、素直に耳を傾けることができたら

自分の残りの人生 面白くなるのになぁ~と思うけれど

それを強要もできないしなぁ と僕の想いは ゆらゆらと揺れっぱなし・・・

 

嫌いな相手のいうことに耳を傾けると

それはそれで なかなか面白いことを言い出すことに 変に感激してしまったり(笑)

僕は 根っからの 変な好奇心をもつ 変わり者なんだろうな(笑)

 

そして 叱ってくれる人は 貴重な人だと思わずにはいられない。

 

話は 戻るけれど

人の話に耳を傾けて 自分を変えていこう

高めていきたいと思うことに関して

カウンセリングに来てくれる人たちは、みな 素晴らしい「耳」を持ってくる。

僕の冷静で客観的な言葉に 耳を傾け、見つめ、自分を知る。

そして、相手との距離感や想いの温度、違いとかに気づく。

 

だから、カウンセリングの時間は、僕にとっても

素晴らしい「向上」の時間。

 

カウンセリングで出会う 出会った 素晴らしき向上心多きクライエントさんたちの

今後の新しい自分探しを願いつつ

 

これを言ったら 終わってしまうかもしれないと考えなくてもいい

大好きな相手との ゆるぎない友情を求めることを諦めない僕が

まだ いるのだなと 知ったそんな日。

 

0 コメント

2022年

12月

01日

紅葉狩り

気が付いたら なんと12月

師走でございます。

 

つい先日

京都に行ってきました。

89歳になった父と姉と3人で

父親のリクエストの京都へ。

紅葉の最後のギリギリでした。

今年の紅葉は、早かったそうです。

 

足元がおぼつかない89歳の父にとって こうして新幹線に乗ったり

いくらタクシーがあるといっても、時折ある階段の乗降など、しんどいことも

多々あり、きっとこれが最後の旅になると言っていましたが、僕も あえて

「そんなことないよ」などど 

気休めも言わず、「そうだと思って よく見ておきなよ」と言いました。

 

これが、最後かもしれないと しみじみ じっくり深く心にとめておくことは

また、次!と思うより、覚悟ができて僕は好きです。

僕も、楽しいことや嬉しいことがあるたびに、これは、当たり前じゃなくて

もうないかもしれないんだから嚙み締めないと!と思っています。

 

京都は、僕は、今回はお供についていっただけで

父は、大学が京都で、母とも出会った京都なので、思い出がいっぱいあり

姉も京都が大好きなので、二人とも、やたらに京都には詳しいです。

 

日本人でありながら、僕は、京都の歴史や、お寺巡りには、さほど興味もなく

外国人が好きなのは、なんとなくわかるけれど

昔の歴史よりも、きっと 僕は、「今」と「明日」に興味があるのだろうなと

つくづく思ったものです(笑)

 

母が他界して 6年目に入りました。

家族の形が、随時 変わっていく年齢です。

僕も立派な中高年 あと2年もすれば還暦ですからねぇ。

 

形が変わっていくことは 受け入れていますが

やはり、母が恋しいです。母と ただ一緒にいるだけの

静かな時間が 恋しいです。

何も話さなくとも、時々 思い出したみたいに 話すのが 今、僕が一番

懐かしく欲しい「ぬくもりのかたち」です。

 

京都も、きっと母と一緒だったら

また 違った景色に映っただろうなと思わずにはいられません。

 

 

0 コメント

2022年

11月

20日

R.I.P

最近、ネットで この文字を見ることが多く

気になって調べたところ

 

亡くなった人に対する追悼の意味の言葉だそうです。

 

『R.I.P.』はラテン語の『requiescat in pace』の頭文字を取った俗語です。『安らかに眠れ』という意味があり、亡くなった人に対して使われます。

キリスト教圏の葬儀で神父が故人の冥福を祈る際に使用されたり、墓石に刻まれたりする言葉です。著名人などの訃報を伝える新聞の見出しでもよく見られます。

 

 

現在は英語の頭文字という認識も

『R.I.P.』の由来は本来ラテン語の『requiescat in pace』ですが、現在は英語の『rest in peace』の頭文字ととらえる人もいます。

『rest in peace』にも『requiescat in pace』と同様『安らかに眠れ』という意味があり、頭文字を取ると『R.I.P.』になるためです。

現在の英語にはラテン語のボキャブラリーが含まれており、つづりが似ている言葉も多いのです。

『requiescat』は動詞の『rest』と同じく、『休む』という意味合いを持っています。ラテン語の『pace』・英語の『peace』はどちらも『平和』という意味の単語です。

続きを読む 0 コメント

2022年

11月

13日

長野へ

続きを読む 0 コメント

2022年

11月

06日

高齢者事情

先日、出先から帰宅しようとマンションの入り口まで

戻ってきたら、お婆さんが寝っころがっていました。

はじめ、ストレッチ?なんてのんきに思っていたけれど

近づいてみると これは、仰向けでもがいているではないですか?

声をかけると「転んじゃった」と。

 

近くには、お婆さんがよく持っている手押しカートみたいなバッグが!

あ、これは、この段差をクリアに失敗して転んでしまったのだなと・・・

血が出ているとか、痛がっているとかは見受けれらなかったので

救急車ではなさそう。

まずはお婆さんを抱き上げて、その手押しカートの上が座れそうだったので

そこに座らせてみようと・・・。

お婆さんは、とても瘦せていて、軽そうだったから、楽勝だと思っていたけれど

どうも、病気を持っているようで、体が硬直している・・・・

となると、関節が上手に曲がらないから、緊張で固まっているから、抱きあげるのも

それは一苦労・・・・。体を任せてくれたら、ひょいと抱き上げて。。。と

思っていたけれど、考えてみれば、そんな風に関節が動いていれば、自力で

起き上がれたよね なんて あとになって思ったけど・・・

 

そのお婆さんをバッグに座らせて、2階に住む家まで、エレベーターにのせ

荷物を持ち、鍵をあけて 玄関の中の椅子のあるところまで送り届けたのだけど

お婆さんに家族は?と聞くと、一人だと。

んー・・・誰もいないのかぁ・・・この状態で、買い物もままならないだろうに

このカートを押して、どこまで買い物にいったのだろうか・・・

ヘルパーさんとかは来ているのだろうか・・・

 

その日は、祝日だったから、マンションの管理人さんもおらず

翌日、報告がてら お婆さんのことを聞くと

管理人さんも、困っている様子。

人の出入りもなさそう。これは、行政を使って何かしないと

気づいたら 孤独死なんてこともあり得る・・・・

 

僕は、これ以上 首を突っ込むこともできないから

管理人さんに伝えるまでしかできなかったけれど

 

こういう お年寄りはたくさんいるのだろうなと思う。

身寄りがない人も、家族はいても、寄り付かない人もいるだろうし

施設に入れる人、入れない人、お金事情もあるだろうし

生まれた赤ちゃんは一人で生きていけないけれど

老い先短いお年寄りも、一人では生きていけない そんな時間がやってくる。

僕も、みんなも他人事じゃないよね。

 

生まれ方は、自分でどうにもできないけど

死に方のイメージは、持っていたほうが良さそうだと 今回のことで

なんとなく思った そんな日でした。

 

死に方のイメージといったって健康なのか病気なのかもわからないけど

行政に頼るとか、施設探すとか、だれかに任せるとか

いろんな方法は、元気なうちにリサーチ

それは必要だね。

0 コメント

2022年

11月

03日

間があいてしまった・・・

デスクトップのパソコンが

いきなり壊れてしまい・・・・

電化製品の寿命ですね。

最近は、やたらと家電が壊れています。

 

なので新しいパソコンを購入し

やっととりあえず ブログの間があいたことの説明ができました。

 

病気でも、事件でもないので大丈夫。

ご心配をおかけしました。

 

携帯の小さな画面でブログや長い文章は

シンドイので。

 気づいたら11月になってしまいました。

 

また すぐにアップするので おまちください。

 

 

 

 

0 コメント

2022年

10月

18日

スープ作り

最近

ハマっていることは

スープ作り。

 

ハンドブレンダーが手に入り

鍋の中で ブーンとスイッチを押すと

あれよあれよという間に

粉々に!

楽しくなって、ネットで本で

作り方を見て、次々とスープを・・・。

飽きっぽいので

沢山は作らず、1回きりで終わるように。

 

 

ハンドブレンダーを使わないスープを混ぜて

特に、牛乳を使うスープは、色もきれい。

ここに写真は載せてないけれど、ブロッコリーのスープは緑色だったし。

いろんなスープがまだまだ できそう。

ゴボウなんてのもあったし、ソラマメ、枝豆、あらゆる野菜で出来そう。

 

これからの季節は こうした

あったかいものが体にもいいし。

 

スープだけでなく

ポテトサラダもブレンダーだと 素早くできました。

 

まぁ、11月に入ったら

今度は鍋になるから ブレンダーも休憩かな。

まだまだ、ブレンダーで 遊べそうです(笑)

 

 

0 コメント

Today`s Messege

 初詣には 行きましたか?

1年の始めだから

ココロ静かに手を合わせよう

お知らせ!

電話カウンセリング希望の方は

メッセージいただけると

電話番号をお知らせします。

 

LINE・スカイプの無料電話

希望の方はIDなどお知らせします。初回15分無料です

営業時間

8時から18時まで(対面)

電話カウンセリングは

早朝、夜間も承ります。

メールカウンセリングは

24時間受け付けています。

お願い!

     

申し込みいただく際に携帯電話からのアドレスの場合、

お返事がパソコンから

なのでブロックがかかって

戻ってきてしまう

場合が多くあります。

以下のアドレスは

解除していただけるよう

お願いします。

smile4u@r2key.com