新しい自分、本当の自分が見つかる場所。心(ここ)で待っています。

2021年

1月

18日

自分が変わる

 

いくら伝えようと思っても

相手に伝わらずに

空回りすることもある

本当はささいなことなのに

心に余裕がなくて

まわりとぶつかることもある

一生懸命がんばっているのに

まわりから誤解されてしまい

疲れてしまうこともある

何の為にがんばるのかわからなくなり

途方にくれることもある

本当は逃げ出したいのに

勇気がなくて同じ場所にいる

誰かのせいにして何も変わらない

自分が変わることでしか

未来は変わらない

 

            (そのままでいい)より

 

0 コメント

2021年

1月

11日

いま できること

2021年が幕をあけたというのに

緊急事態宣言2が始まってしまいました。

 

仕事がなくなってしまった人

仕事が減ってしまった人

仕事を探している人

逆に仕事が忙しすぎて寝てない人

など、

コロナ禍において仕事のストレスが止まらなかったり

 

遠くに行けないために家族に会えない人

入院している家族に会えない人

恋愛中で相手に思うように会えない人

高齢の親に会えない人

 

行きたい場所に行けない人

楽しみにしていたことが延期やなくなってしまった人

 

書き出していけば

キリがないです。

 

そんな中を どう生きていけばいいのか

 

市川海老蔵さんが テレビで

こんな状況で、どうなるかもわからないのだから

風のように流れに乗って生きていくしかないと言ってました。

 

僕も同感です。

 

予定や目標よりも

いま、できること。

いま、やれること。

 

その臨機応変が求められているのでしょう。

 

食材を買いにいけないのならば、家にあるもので

創意工夫を。

出掛けられないのならば 家の中で

過ごす工夫を。

 

正直言えば、僕の年代はミドルシニアです。

元気に好きなことや、好きな場所に行くには

今が、体力的なことなどを考えると 絶好調なときなんです。

登山をしたい、フルマラソンにも挑戦したいなど

コロナが あと何年かかるのか

これは、この年齢では 大事なことなんです。

 

しかし、いざ GO!というときに

体力がない・・・ということがないように

それこそ いまできること の中に

体力作りを入れておこうと 心に強く思う次第です。

 

0 コメント

2021年

1月

04日

謹賀新年

2021年 令和3年

新年あけましておめでとうございます。

 

気づけば もう令和も3年。

早いものです。

 

今年は丑年 慌てないでのんびりいけるといいんだけど

なんせ、せっかちなもんですから ここらへんは意識しないと!せっかちはいいことあるけれど

時にはケガもしかねないので・・・。

 

さて、まだまだ 新型コロナウイルスも続行中ですが

みなさんは、どんなお正月を過ごされたのでしょうか?

 

僕は、元旦は近くに住む家族と過ごし

あとは、家でゆっくりしていました。

 

2021年 どんな1年にしたいのか

決めましたか?ぼんやりでも、目標を掲げると脳は「意識」します。

どこかに書いて目に見えるところに貼っておくと尚 グッドです。

 

日常の直したいところでもいいですね。

「焦らない」「怒らない=怒らない言い方にする」「ありがとうを伝える」

などなど そういった ちょっと直したいけど なかなかできないことは

こんな形で「意識」させられると直ります。

 

僕も、いろんな経験から 感情のコントロールを学びました。

それは、経験がベースで、人間関係もあるし、自分ひとりのこともあるし

外部からの影響(音楽や映像や作品など)もあります。

自分が体験したからこそ あれは○ あれは×など感じられたのでしょう。

 

今の若い人には、実体験が少ないように感じます。

やるまえから 調べて検索して始めたり、諦めたり・・・

便利過ぎて自分の冒険や経験ではなく 想像だけが増えている気もします。

 

やってみてから 考える。

いくつになっても僕の持論。

 

いきあたりばっちり これ、大好きな双雲さんの言葉。

僕の大好きな言葉。

 

2021年 やってみる!そんな冒険ができる状況なのか

わからないけれど、ささやかなことでも その姿勢は変えずに進みたいと思っています。

 

本年もどうぞ よろしくお願いします。

 

追伸

年賀状やメッセージをくれた方々。

ありがとうございました。感謝です。

良い一年になりますように!

 

 

 

0 コメント

2020年

12月

30日

良いお年を!

2019年に掲げた漢字一文字は

「進」でした。

立ち止まることなく 進んでいこう。

 

そんな2020年は

新型コロナのせいで立ち止まることが

多かった1年になりましたね。

大きな出来事は東京オリンピックが中止になったこと。

志村けんさんや岡江久美子さんをはじめ、これからまだまだ活躍してほしかった芸能人の

コロナ感染による死。まだまだコロナの影響は人々や社会に続いています。

 

今年は、コロナ感染が大きくなる前の2月のあたまにハワイに行きました。

故郷のようなハワイは、その後大変な不況に陥り観光がメインの島は

今も苦しんでいると思うと胸が痛いです。

 

そして、コロナが少し落ち着いてGO TOトラベルを使って長野に行きました。

12月の頭には 宮崎にも行きました。

長野も、宮崎も、帰ってきてから自粛が高まり、どの旅もギリギリのタイミングでしたが

どこにいっても、どこに行くのもマスクなしでは歩けない

そんなことが世の中で起こるなんて・・・・・・

 

オリンピックが中止になっても、選手はトレーニングを続け

進んでいます。どんな苦境に立っても進むことはやめない。というのが

僕だけでなく 2020年には課題だったのかもしれません。

 

来年の漢字一文字は 決めています。

また その一文字を意識しながら2021年を過ごそうと思っています。

 

皆様の2020年は どんな一年でしたか?

 

来年2021年も、ぶれることなくマイペースで邁進していく所存でございます。

どうぞ よろしくお願いします。

 

良いお年を!

 

0 コメント

2020年

12月

24日

メリークリスマス

続きを読む 0 コメント

2020年

12月

16日

文字を書くこと

みなさんは 文字を書いていますか?

 

もちろん 携帯でのメールやLINEなどで

文字は打っているでしょう。

 

手書きで文字を書いていますか?

 

誰もが携帯を持つ時代になる前は

 

★手紙

★日記

★年賀状

★スケジュールや手帳

★カレンダーに書きこむ

などなど 手書きで記録したり気持ちを伝えたものです。

 

僕は、すっかり手帳を持つことがなくなり

携帯のスケジュールで管理していますが、携帯にトラブルがあったら

いったいどうするの?と思いながら携帯を頼りにしてしまっています。

 

年賀状だって作ったり書いたりするのが大好きだったのに

この数年はタイミングを逃しています。

 

けれど手紙を書くことや、文章を書くことは続けています。

それは、親しい人へのカードや、手紙など 文字を書くことの大切さを

意識しています。

 

逆に この便利な時代になって

私は、俺は字がきたないから書きたくない、書けない・・・

と言ってた人たちにとっては、文字を書かなくてよくなったから

気持ちを伝えるには良いのかなと思ったりします。

 

ま、めんどくさがりな人は どっちも関係ないけど(笑)

 

来年度の年賀状も今年は準備できてないので書かないと思う僕ですが

コロナがホントになくなって 街中みんながマスクをつけなくて

いい時になったら また年賀状書きたいなと思うけれど・・・・

この時代に 逆らう部分と寄り添う部分と

どちらも大切にしながら 僕の人生終盤戦を楽しみたいと思っています。

 

 

続きを読む 0 コメント

2020年

12月

10日

だましあい

 

男は身長についてサバを読み

女は体重についてサバを読む

 

男は交際人数を多く見積もり

女は交際人数を少なく見積もる

 

男は年収をこまかそうとし

女は年齢をごまかそうとする

 

男は昔の武勇伝を盛って話し

女は今モテることを盛って話す

 

男は誠実なフリをするが

女は純粋なフリをする

 

男女のだましあいはいつまでも続いていく

 

                       (そのままでいい)より

 

続きを読む 0 コメント

2020年

12月

01日

師走

2020年も最後の月 師走になりました。

色んなことがあった2020年。

まだまだ ラスト1か月で何が起こるかわかりません。

 

みなさんにとっての

最後の月 12月。

 

この1か月は来年への架け橋になります。

 

少しだけでも、頑張ることを取り入れてみましょう。

それがきっと来年への いいバトンになるに違いないですから。

 

意識して過ごすことが大事です。

0 コメント

2020年

11月

23日

挑戦

  あとから 振り返って

  誇りに思うことは

  勇気を持って 挑戦したこと

                     (そのままでいい)より

 

続きを読む 0 コメント

2020年

11月

15日

だまされる

先日 Amazonを装う 詐欺の

メールに だまされてしまいまして・・・

 

ちょうど携帯電話の機種を変えた時期に

アマゾンの振込み口座の再確認を!

 

機種を変えたばかりで、アプリを再ダウンロードやら

やることいっぱいの時だったので

すっかりそれかと思って・・・・

 

数日後に クレジットカード会社から

メールが来て、第三者に悪用されているかもしれないと

クレジットカードの会社の機械による見回りで見つかったので

電話くださいとあり

電話して確認すると、知らない人が11万円を飛行機代で

使おうとしていたけれど、それは決済されずに終わってるというので

未遂で終わったので ホッとしました。

 

このAmazon関係で だまされそうになったのは

実は2回目で、以前は、出先でAmazonから電話があり

うっかり出てしまい、これまで確認でクレジットカードといわれたけれど

そばにいた友人に止められ 未遂で終わったという件があり

 

僕は、Amazonに騙されやすいのかと ちょっと自分を叱咤しました。

 

とにかく Amazonは電話もメールもしないから!!!

と周りに窘められたので、3度目はない!と思いますが

 

時代が時代で 巧妙な手口を使うので

これは、年寄りがオレオレ詐欺に引っかかるのも

まんざらわからなくもないなと思ってしまいます。

 

大概、人には、だまされないと思っている僕ですが

油断したらいけないなと 改めて思う 事件でございました。

 

 

皆様も、くれぐれも、お気をつけて・・・・・

 

 

0 コメント

2020年

11月

07日

言い訳は返ってくる

 

やらない理由を

忙しさのせいにしたら

心はなくなる

 

できない理由を

年齢のせいにしたら

老けていく

 

わからない理由を

頭のせいにしたら

誰も助けなくなる

 

うまくいかない理由を

他人のせいにしたら

成長しなくなる

 

言い訳はすべて自分に返ってくる

ひとつでも減らすことが

幸せにつながる

 

                  (そのままでいい)より

続きを読む 0 コメント

2020年

10月

31日

ハロウィン

続きを読む 0 コメント

2020年

10月

24日

父親

今日は父親の誕生日

87歳になります。元気です。

 

きっと生まれたときからでしょう、僕は父親が嫌いでした。

母親とは縁があり、母親はいつも僕の味方であり

僕を心底愛してくれました。愛情深い人でした。

僕自身 愛を大切にしているので 身勝手で自己愛ばかりの

父親が父親としても、ひとりの人間としても嫌いでした。

 

ずっとずっと嫌いで憎しみさえ感じていたには

数々の理由もありますが その気持ちは 30歳まで続きました。

30歳になって、ある日、母親のお兄さんが家系図を送ってきました。

僕の母が生まれたルーツを見て、母のルーツは僕のルーツでもあり

見たことのないご先祖さんに興味を持ち、ご先祖が眠る福岡県まで

逢いにいくほど熱心にご先祖をたどる旅をしました。

 

そんなとき、父親の生まれ育ちは、どんなだったのだろうと

少しだけ関心を持ったのをきっかけに、父親が僕の嫌いなタイプの

人間になったには確かな「理由」があったのでした。

それを知り、そうだよなぁ、人間 生まれたときから嫌な人間なんて

いないよな。と思うようになっていきました。

 

だからといって、父親が好きになったわけではありません。

相変わらず嫌いでしたが、殺してやりたいほどの憎しみと嫌悪感は

「仕方ねぇな」という気持ちに少しずつなっていったのです。

 

それが 大人になっていくということなんだと思います。

 

ずっと憎んだり、嫌ったりするという感情は

とても疲れます。

ならば、その対象は横において、自分の人生をみつめ、やりたいこと

したいこと、行きたい所、見たい所に動いたほうが

ずっとずっと安定して幸せを感じられるということに気づいたのです。

 

父親はキライでいいのです。

けど、同時に「可哀想な人だ」と思うことで

自分とは合わないけれど、色んな人がいることを父親がスタートで

学んだことには違いないのです。

 

カウンセラーをしていると

父が母が嫌い、姉、弟、妹、弟が嫌い。

祖父祖母が嫌いなどなど

沢山の家族を嫌って疲れている人と出逢います。

 

僕は、成人していない人や、まだ社会人になってない人

感覚的に大人になりきれていない人には

無理して、嫌うことをやめさせたりしません。

自分が変われば対象の相手に対しての感覚が変わることを知っているので

その時期が来るまで 自分の世界観の話を伝えます。

自分の世界を作ること、憎むことは疲れること、何も楽しくないこと

 

その自分の世界を見つけたあとに、景色が変わっていったら

そのときは、きっと、憎む嫌うという感覚から違ったものが見えるのです。

 

今、僕は父に対して

相変わらず好きではありませんが

元気で楽しく余生を過ごしてほしいと願っています。

僕には姉と弟がいますが、みんな父が嫌いでした。

特に僕が一番嫌っていたのに、今は、僕が一番父の面倒を見ています。

月に数回 掃除に行き、買い物につきあい、パソコンがおかしいやら

Wi-Fiが繋がらないやら、プリンターがおかしいやら、これがない

あれがない なんていうSOSに僕がすべて対処しています。

 

母親には喜んで何でもしてあげたかった気持ちとは

違って、父親には親孝行なんてする気もしたい気も全くないけれど

傍からみると僕のしていることは親孝行に映るようです(笑)

ただ、嫌い嫌いというだけではなく

「感謝」をしなければ罰が当たるよなって自分に言い聞かせます。

住むところ、学校、食べること、僕がこうして生きていることは

父親が働いたからこそには違いないからです。

 

育ててくれたのは、完璧に母親の愛情としつけでしたし

父親の背中を見て学んだことは何もなかったので

尊敬とか憧れとかは全くないけれど

感謝はしなければいけないです。

 

父親は、吠えるわりに弱虫なので

たいしたことない痛みにも大げさなので

僕の精一杯の思いやりで神様にお願いするとしたら

元気にコロっと死んでほしいということです。

入院なんかしたら めんどくさいことこの上ないです(笑)

しかも、かなり陰気になりそうです。

なので、今、元気に 新幹線乗って あっちこっちに

いったり、落語したり、聴いたり、友達と遊んだりしてくれているので

このまま いつのまにか コロっとあの世へ運んでほしいですね。

 

人を憎むこと

嫌うこと

とてつもないエネルギーです。

 

けれど、

それが いろんな 感情を経て経験を経て

人を許すことができたら

 

安堵に変わり 穏やかになること。

 

それが、正しい年齢の重ね方なのかな。

というか、そういう気持ちになって

僕は 人生を全うしたいなと思うのです。

 

自分の人生

満足して穏やかにあの世へ立つ

 

これが 僕の母へ会うための目標です。

 

0 コメント

2020年

10月

17日

こども

ここんとこ 寒さと暑さの差が激しく

風邪ひかないように気を付けてください。

 

さて、人格形成の基本は

子どもの頃の生育が大きく影響してきます。

子どもを持ってない僕なので 子育ての実際の

大変さはわかっていません。

だけど、保育園勤務の経験や、カウンセラーとしての

経験や、自分を内観することで、育ってきた自分の環境や、親の愛情や育て方が

大きく関わっていることは よくわかります。

 

★ 叱ってばかりいることの害は やる気をなくす他に

  人から言われたことを いい加減に聞くという態度が身につく

 

★ いたずらをしたり困ったことをしたりしても悪いのは その子ではなく

  行為だから 人間性を否定するような言葉で叱ってはいけない

 

★ 子どもは初めは自由 その中で 親に褒められたり叱られたりしながら

  やってはいけないこと しても許されることを学ぶ

  それは自己概念(自分は どんな子どもか)という自分に対するイメージを知る

 

★ 親がうるさく言えば言うほど 自分で考える力が育たない

  「どうしてだろう」「不思議だなぁ」「知りたいなぁ」という気持ちを

  育てることが こどもを伸ばすこと

 

★ 欠点を直そうとばかりすると欠点を探そうとする

  長所を認めるようにすれば長所を探すようになる

 

 押さえつけることや 禁止されていることが多いと ドタバタなどで発散するようになる

 

★ 子どもの「どうして?」は ものを考えるようになる始め

 

★ 子どもは 親のいうとおりにはならないが するようになる

 

★ 育てたように子は育つ

 

 

上記にあげた言葉は、僕がそうだなと思う子どもへの想いであり

欠点ばかり見るのではなく長所を見ていこうというのは

これは、子どもだけでなくすべての人に言えることだと考えます。

 

育てたように子は育つ。。。と相田みつをさんの言葉。

 

自分を内観していくと、こういうことは、こういう風に育てられたからだな・・・

それは、自分の中の長所においても短所においても思います。

ですが、長所も短所も実は紙一重。

優しいのと優柔不断。短気なのと集中力。

 

己を知ること。それは、ストレスの軽減にも繋がり

健康な心と体にも繋がります。

大人になればなるほど、親のせいではなく、親を責めるのではなく

親も いろいろ大変だったのだなと 客観視して、ベースを作ってくれた

自分の個性を 上手にコントロールして活用していくのが

「生き方上手」なのではないかと 思うのです。

 

 

続きを読む 0 コメント

2020年

10月

11日

今を俯瞰しながら・・・

今という時代を

僕は、毎日のように俯瞰しながら

「なるほど」「そうなのか」「へぇ~」

 

という言葉を日々 発しています。

 

昭和に生まれ、学生時代は昭和だったし

平成に入ったときは、20代前半、今や平成ではなく

もう令和になってしまいました。

 

テレビ、ラジオ、レコード、CD、MD、ベータ、VHSビデオ、ウォークマン

カセットデッキなどなど

 

今や、コンピューターひとつで、どれも補えてしまいます。

 

レコードやCDのジャケットのカッコよさも

ダウンロードじゃ 感じることできないしねぇ~

 

最近の 「へぇ~」・・・は

 

子どもユーチューブってのあるらしい。

子どもはテレビの番組ではなく、テレビを通してユーチューブを観たりするらしい。

自分の見たいものを いとも簡単に見れるのだ。

調べたいもの、気になるもの、動画や音楽、ゲームの攻略まで

誰かがユーチューバーになって作っているのだ。

 

そもそも YOU TUBERっていう職業があって

それで儲けているっていうシステムも よくわかんない僕なので

彼等は、必死になって毎日毎日 動画をアップしてる そのメンタルと

モチベーションが気になったりします。

楽しいのかなぁ・・・とか、

 

僕の甥っ子の娘はもうすぐ3歳になりますが

生まれたときから携帯があるので

撮った写真や動画を見るのが好きな娘は 「●●ちゃんの写真見せて」といって

画面を出すと 小さな手でスクロールをします。

えぇ~!! そんな手の動きは 時代の子だなぁ~と やけに感心してしまいました。

 

カメラ→インスタントカメラ→デジタルカメラ

テレビ→白黒→カラー→地デジ→薄型

レコード→CD→ダウンロード配信

コンサート→ライブ→オンラインライブ

会社で会議→リモート会議

 

ここまでの変化でも、まだ ぜーんぜんついていけないのに

この先 いったい どうなるやら・・・・

 

それでも、中にはガッツリ入る気はないので

こうして俯瞰して 相変わらず 

 

なるほど~

 

へぇ~

 

どうなってんの?  そうなのかぁ~

 

と今日も つぶやいているのが 案外楽しい 令和2年の秋でございます。

 

0 コメント

Today`s Messege

言い訳は自分に

返ってくる

お知らせ!

電話カウンセリング希望の方は

メッセージいただけると

電話番号をお知らせします。

 

LINE・スカイプの無料電話

希望の方はIDなどお知らせします。初回15分無料です

営業時間

9時から19時まで。

早朝、夜間は

ご相談ください。

お願い!

     

申し込みいただく際に携帯電話からのアドレスの場合、

お返事がパソコンから

なのでブロックがかかって

戻ってきてしまう

場合が多くあります。

以下のアドレスは

解除していただけるよう

お願いします。

smile4u@r2key.com