新しい自分、本当の自分が見つかる場所。心(ここ)で待っています。

パラリンピック

9月になりました。

依然としてコロナは落ち着かないまま

新しいウイルスが出たり、緊張は続きますが

みなさんも、コロナ対策や熱中症にも気を付けてください。

 

さて

パラリンピック 結構 観ています。

障がいの重さによってランクのある競技があります。

これはパラリンピックならではの特徴。

 

身体の障がい、知能の障がいがあります

目の見えないひとも見えにくいひともいますが

耳の聞こえないひとなどの聴覚に障がいのあるひとは

パラリンピックにはいません。

 

なぜだろうと思ったとき

あ、体が丈夫だったりするからだろうか・・と考えたり

したけれど、ホントの理由は

「増大する費用」が原因のひとつらしいのです。

 

そうだ。サポートが大変なんですね。

通訳や、手話、本人だけでなくチーム全体にも負担がかかるのでしょう。

お金の問題みたいです。

 

そして

そんな聴覚障害のある人たちのために

実は、デフリンピックというスポーツ競技会があるのです。

障がいの当事者である聴覚障がい者自身が運営する視・聴覚障がい者のための

国際的なスポーツ大会だそうです。

 

知らないことがまだまだ沢山あるのだと

パラリンピックを観て思います。

 

なにより、みんなホントに泣けるほど明るくて笑顔がはじけています。

いっぱい つらいことがあったからこその その魂は

素敵すぎて眩しすぎます。

 

そして、いろんなところで、インタビューや記事にも

書かれていますが

 

障がいは武器になる

 

耳が聞こえないことは、集中力になる。

 

障がいを長所と捉えて自分の能力を伸ばす。

 

障がいは きっと特別なことではなくて

実は、健常であることが 特別なことなのではないかと僕は思います。

手があり、足があり、考える脳があり、目が見え、耳が聴こえ・・・

 

残り そんなに沢山時間があるわけではない 僕の人生。

パラリンピックで気づかせてもらった 僕の特別な体を使って

挑戦したり、冒険したり、日々を特別に過ごしていこうと思うのです。

 

Today`s Messege

あきらめる前に

もう一度 挑戦してみる

人生は何が起こるか

わからない

お知らせ!

電話カウンセリング希望の方は

メッセージいただけると

電話番号をお知らせします。

 

LINE・スカイプの無料電話

希望の方はIDなどお知らせします。初回15分無料です

営業時間

9時から19時まで。

早朝、夜間は

ご相談ください。

お願い!

     

申し込みいただく際に携帯電話からのアドレスの場合、

お返事がパソコンから

なのでブロックがかかって

戻ってきてしまう

場合が多くあります。

以下のアドレスは

解除していただけるよう

お願いします。

smile4u@r2key.com