新しい自分、本当の自分が見つかる場所。心(ここ)で待っています。

良い悩みと悪い悩み

他人の気持ちを先回りして読み取ってしまい、

他人に気を遣ってばかりで、自分はいつも損をしている、という人がいます。
しかし、そういう人は本当は、他人の気持ちを思いやっているのではなく、

自分が嫌われていないか」「自分が変に思われていないか」と、

自分のことばかり気にかけているのではないでしょうか。

 

本来、他人の気持ちを読み取ることができる能力というのは、

悩むべき欠点どころか、長所であるはずです
本当に他人の気持ちがよく判るのであれば、

それはすばらしいことであり、自信をもってよいことなのです。

 

他人が傷ついたり落ち込んだりしているとき、冷静に的確なアドバイスをしたり、

はっぱをかけて励したりするよりも、何よりも重要なことは、

その気持ちに共感してあげることです。


人間の優しさとは、どれだけ他人に共感できるかということであると言えるでしょう。

傷つくとはどういうことか、悲しみとはどういうことかを知っているということは、

まさにすばらしい長所です。


傷ついた経験のある人でなければ、他人に優しくすることはできません。
その能力をおおいに活かすべきなのです。

 

すぐに自分と他人を較べては、自分は他人よりも劣っていると卑下し、

自己憐憫に浸ってしまう人がいます。
しかし、自分を劣っていると思うこと自体は、別に悪いことではありません。

自分にはまだまだ知らないこと、学ばなければならないことがたくさんある。

他人のいいところを学び、もっともっと自分を成長させよう。


つねにへりくだり、他人を立て、他人を敬う姿は、美しいものです。


逆に、自分は優れた人間だと慢心し、他人を劣った存在だと見くだすことのほうが、

人間としてみにくいことです

劣等感に悩んでいる人は、本当に自分を劣っているとは思っておらず、

「自分は他人よりも優れた人間であるべきなのに、誰もそれを認めてくれない」というごう慢さに苦しめられているのではないでしょうか。
それは単に、努力を怠っていることの言い訳にすぎないのです。

 

たかた まさひろさんの文章からですが

 

この人、僕が常々思っていることを

きちんと言葉にしてくれるなぁ~と 感心しています。

いったい、この人 どんな人生を送ってきたのだろうか

送っているのだろうか と興味があります。

 

一度会ってみたい人 ベスト100に 入ります。

 

さて、共感するって 案外難しいものです。

僕は、カウンセラーという仕事をしているので

「共感」は絶対なので、幅広く 沢山の方と会っているので

共感の幅も広く、そして、相手にも興味が常にあるので

「なるほど」と思うことが沢山あります。

 

けれど、人に感心が薄い人、持論が強い人、人に興味がない人などは

共感が必要なかったり、悩んでなかったりしているのかもしれないなと

感じます。

 

向上心ある人、人に興味ある人、人を愛することが出来る人

自分に悩む人などなど、良い悩みを抱えながら 新しい自分発見をしてみましょう

Today`s Messege

「損得」よりも

「ここちいいかどうか」で

判断する

お知らせ!

電話カウンセリング希望の方は

メッセージいただけると

電話番号をお知らせします。

 

LINE・スカイプの無料電話

希望の方はIDなどお知らせします。初回15分無料です

営業時間

9時から19時まで。

早朝、夜間は

ご相談ください。

お願い!

     

申し込みいただく際に携帯電話からのアドレスの場合、

お返事がパソコンから

なのでブロックがかかって

戻ってきてしまう

場合が多くあります。

以下のアドレスは

解除していただけるよう

お願いします。

smile4u@r2key.com