新しい自分、本当の自分が見つかる場所。心(ここ)で待っています。

すごいお爺さん発見!

この方 稲田弘さんといいます。

 

たまたまネットで出逢ってしまった方ですが

すっごい 爺さんです。

 

2016年10月8日、ハワイで開催されたアイアンマン・ワールドチャンピオンシップ2016において、アイアンマン参加者の中で最高齢となる稲田弘さんが16時間49分12秒で完走を果たした。

 

アイアンマン・ワールドチャンピオンシップとは、トライアスロンにおいて最高峰となるアイアンマン・レース(スイム3.8km、バイク(自転車)180km、ラン42.195km)において、年代別順位上位の者に与えられるスロットを獲得した者が参加できる世界選手権。稲田弘氏は、このレースに過去何度も参戦しており、3年前にもこのアイアンマン・チャンピオンシップにおいて完走をしているが、昨年は制限時間となる16時間50分に、わずか5秒届かない16時間50分5秒でレースを走りきったものの完走扱いにはならなかった。

昨年のレースでは、制限時間内での完走が確実視されていたが、伝え聞く話によれば残りわずかのところで意識を失いかけており、それでもフィニッシュ・ゲートに向けて走り続けた。しかし、フィニッシュ・ゲートまであと数mというところで一度崩れ落ち、その後、再び立ち上がって走り始めたが、わずかに5秒足らず完走扱いとはならなかったのだ。

これはアイアンマンのルールにおいて、制限時間内で完走したものが与えられる称号が「アイアンマン」であり、その制限時間からわずかでも遅れればDNF=記録抹消となるからである。

昨年の結果を受けて、稲田氏は今年も通常のアイアンマン・レースへ参加。そこで完走を果たすと同時にアイアンマン・ワールドチャンピオンシップへ出場できるスロットを獲得して、今年も会場となるハワイのカイルナ・コナでのワールドチャンピオンシップに出場を果たした。

プロも顔負けのトレーニングを毎日積んでいる稲田氏は、スイム、バイクを順調にクリアし、最後のランへとつなげた。出場アスリートの各種目でのタイムを確認できるアスリート・トラッカーで確認すると、常に良いペースでランをこなし、昨年は数秒で逃したフィニッシャー・ゲートへと到達した。

そして今年は16時間49分12秒と、昨年よりも余裕をもって完走を果たした。昨年はゲート前で崩れ落ちる姿がニュースとなって世界的に知られるところとなったが、今年は颯爽とフィニッシャーズ・ゲートを駆け抜けたのだった。

83歳でのアイアンマン・ワールドチャンピオンシップの完走は、当然世界最高齢となる。そして当然、年齢別での世界一でもある。

ちなみに稲田氏がトライアスロンを始めたのは70歳の時だという。

そうした事実を知ると、人間の挑戦に終わりがないこと、そして限界がないということを、改めて知るのだ。 ←ここまでは ヤフーニュースで書かれていたものなんだけれど・・・

 

この稲田さんは、補足として、奥さんが病になり寝たきりになって

その介護をしながら スポーツジムで水泳を始めたのがきっかけとなったようですが

このお方、もともと山岳部で 走ることが好きだったようで、山より走る方に

夢中になったらしいのだけど、60歳で定年退職し、奥さんの介護をし、

水泳を始めていくうちにハマったようで65歳で、ジム仲間と水泳とランニングの合体した

「アクアスロン」という競技に目覚め4年連続で出場、残念ながら奥さんは

他界してしまいましたが、その後、アクアスロンの応援に来ていた知らない人が

乗っていた自転車姿をカッコいい!と思い、69歳の時に自転車を買い

今度は「トライアスロン」に目覚め・・・・ もう書いてるだけでも 超人だ!

 

70歳でショートのトライアスロンに出場し、完走したのが嬉しくて

本格的なロングのトライアスロンへ!

 

しかし、これが順調なことだらけではなく(そりゃそうだよ)76歳のときに

出場したアイアンマンジャパンという長崎でのレースで制限時間内に戻れず

タイムオーバーしたことがショックで・・・・・

 

じゃあ、もうやめるか! とは 思わず どうしたと思います?この爺さん・・・

 

「一人では絶対だめだ!」と 自分でコーチを探したんです!

トライアスロン専門のプロがいるようなクラブチームの門をたたき

入部。そこから快進撃のはじまり・・・。2012年のアイアンマン世界選手権

80歳以上の部で ぶっちぎりの優勝。(80歳以下でも行けたよね)

 

アイアンマンて、スイム3.8キロ バイク180キロ そしてランニングは

フルマラソンの42.195キロですよ~・・・・

 

さらに すごいのは 元気の秘訣は

 

1週間のメニューが 現役のアスリートにも過酷なメニュー

 月曜 バイク60キロ /ラン5キロ

 火曜 スイム3キロ / バイク100キロ

 水曜 スイム3キロ / クロカン15キロ

 木曜 スイム3キロ / バイクヒルクライム70キロ

 金曜 ラン20~30キロ

 土曜 スイム3キロ / バイク150キロ

 日曜 オフ

 

 僕も年齢の割に動いてる方だと思ってたけど ぜーんぜん追いつけないっ・・・

 

 稲田さんは トライアスロンの魅力を

  「3種類楽しめて、苦しみを乗り越えてゴールした時の達成感がたまらない」といい

  

   天から与えてもらった最高の遊び  と言います。

 

 そして 元気の秘訣は 「楽しむ」 だそうです。

 

 稲田さんは、もともと 体が丈夫なのもあるでしょう。山岳部にいたのですから

 足腰はかなり丈夫でしょう。けれど、すごいのは、挑戦する心。

 高齢になって、

 運動でなくても、何かを「やってみよう!」と思うことはできます。

 

 いくつになっても、年齢ではなく、楽しむことは平等です。

   このトレーニングは 真似できないけれど、

  

 一度しかない人生 楽しむことを 改めて教えられたようで 稲田さんは

  僕の 生きる いいバイブルになりました。

 

  それにしても ほんと スゴイな。 

 

Today`s Messege

座る場所を変えなきゃ

 新しい景色は見れない

お知らせ!

電話カウンセリング希望の方は

メッセージいただけると

電話番号をお知らせします。

 

LINE・スカイプの無料電話

希望の方はIDなどお知らせします。初回15分無料です

お知らせ その2!

ポイントカードのポイントが

溜まると

オリジナルグッズ差し上げます

営業時間

早朝から夜間まで

対応しています。

お気軽にお尋ねください

プレゼント

カウンセリングに

来ていただいた方に

リッキーーカウンセリングの

マグネット差し上げます。

 

お願い!

     

申し込みいただく際に携帯電話からのアドレスの場合、

お返事がパソコンから

なのでブロックがかかって

戻ってきてしまう

場合が多くあります。

以下のアドレスは

解除していただけるよう

お願いします。

smile4u@r2key.com