新しい自分、本当の自分が見つかる場所。心(ここ)で待っています。

3度目のチャンス到来

車で、この夏 静岡方面に行った際

サービスエリアで こんなトイレットペーパーを

買いました。ただ、なんとなく可愛かったから・・・

という理由でした。だけど、このトイレットペーパーを

 見るたびに、「富士登山かぁ・・・」と

思ってるうちに、脳内にインプットされてたのかもしれない

 

というのが ことの始まり・・・・

 

富士登山は これまで2度ほど経験していて

一度目は、一緒に行った人が高山病になり、8合目まで行き、頂上まで行けずに8合目で

リタイヤ。2度目は、日帰りで頂上まで登頂しました。富士山の登山ルートは4か所あり

一度目は山梨側の「吉田口」 二度目は静岡側の「須走口」

 

そして、8月の終わりに友人と久しぶりに会い、ご飯を食べながら なんとなく

話は富士登山になり・・・ いつも休みの取れない友人が9月の1週目なら行ける・・と

言い出し・・・・ 僕は、母の退院がその前後かもしれないから すぐに返事は

出来なかったものの母の退院が9月の後半になるのが決定し・・・・。

 

三度目の富士登山が決まった。

 

 

富士登山の山小屋がオープンしている期間は9月の2週目まで。

ギリギリの日程で、空いてた山小屋は静岡側の

「富士宮ルート」からの登山道。4つのルートの中で

一番標高の高い場所からの登山口で登頂までの距離は短く

登山道と下山道が同じというのが特徴。

気温は寒いだろうと予想し、しかも天気予報は土曜の夜から

雨という。これは、日曜日の朝のご来光は無理かも・・・。

 

 今回の僕の目的は、できれば初めての「御来光」と

 登山道と違う下山道での今まで見たことのない景色と

大砂走という名物の道を一気に山をくだる体験のリベンジ。

(一度砂走りを体験したものの、靴の中に砂が入りまくって、長い距離 走れなかったので 今回は靴カバーを用意したから)ということで、行きは富士宮ルートで、帰りは御殿場口ルートで下山。途中

宝永山という山を横切って(皇太子が使うルートだからプリンスルートと呼ばれる道)最後に

富士宮ルートに戻るというコースを体験したいというのが目的。

 

友人は初富士登山なので、短い距離はいいかもしれないと

思ったものの・・・ このルートは他のルートと違い いざ 登り始めると

 のっけから 岩を登る感じで結構ハード。

 

高山病にならないために

空気に慣れるために ゆっくりゆっくりが登山の鉄則。

 3時間半くらいかかって登り、

無事に8合目の山小屋に到着。

今日は、山小屋に泊まって、夜中の1時半に起きて

山頂目指す予定。

 

山小屋は、ミノムシみたいな寝袋一つ分が

自分の陣地。隣は、知らない人。2段になっていて

ミノムシが、ズラッと並ぶ。

はたから見ると、ちょっと笑えるミノムシ軍団。

寝返りは自分の左右を向くくらい。気が付くと僕の隣は

お爺さんクラスのオジサンで

僕が左を向くと、オジサンの顔がすぐ近くにあって

「えー!!」という感じになったりするくらい近いミノムシ達。 

 夕飯は、カレーライス。量も少なめの、お世辞にも おいしーい!!といえるほどもない

カレーライス。山頂の山小屋だから仕方ないけど腹減ってるから それなりに美味く感じるのが

不思議。

 

朝ご飯は、寝床を指示されるときに、アンパンとチョコパンと牛乳パックの入ったビニール袋を渡され

「好きなタイミングで食べてください」ともらい・・・

良く見る刑事ドラマの 張り込みのときの朝ごはんみたいだなと笑いながら

それを夜中に食べ・・・・

外を見ると雨が降っていて・・・

これは、とにかく雨降ってもいい!

雨具はあるから、とにかく山頂までは行こう!と

覚悟で外に出ると 「あれ?雨が止んでる」

気持ちが明るくなって、8合目からスタート。

歩きだしたら、空は、満天の星空。

写真に撮れないのが残念だったけど

本当に 星が降ってくる!!というくらいの星の数。

オリオン座しかわからないのが悔やまれるほどの

綺麗な ほんと 持って帰れそうなくらいの

星の数。星だらけで星がない場所がないくらい。

どれだけ空を見上げただろう・・・

 

 

頭にヘッドライトを付けながら

山頂目指して歩く。振り返ると みんなのヘッドライトがキレイ。

 

ところが9合目頃になって 雨が!! 吹き付ける雨が一気にやってきて

満天の星の下なのに、雨が!!しかも ガスって下界も真っ白で見えない・・・・

 

と、また頂上まで もうすぐ!というところで 急に雨があがり・・・・

この鳥居の先がゴール!!

 

雨も上がっている。

到着したのが、4時半すぎ・・・

 

 天気が良ければ あと1時間で 太陽が昇る・・・

 

けれど、 待ってる この時間

 

寒い、寒い、寒いしか出ないくらい寒い

ダウンも着たし、ホカロン貼ってるし、ネックウォーマー

だってしてるし、出来る限りの対策はしてるのに

寒すぎる。僕は案外寒さに強いけれど友人は 死体みたいに

なってる(笑) 顔の表情さえなくなっていた・・・・

 

30分くらい極寒の中 待っていたら

 

雲の向こうに光が!!!

 

太陽が出る! 見れるのか?

御来光!!!

 

期待でワクワク ドキドキ・・・

 

が、しばらくすると雲に覆われて

あっというまに 光がなくなり薄暗くなったと

思わせといて・・・・

 

わー!!!!

 

太陽が 元気よく出てきました!

 

 感激して 涙が出ました。

 

一番 願うことを手を合わせて祈り

 

太陽が あったかいことがこんなに

有り難いことも知りました。

山頂にある浅間大社で 僕の姉が集めてる 御朱印を この大社でもらい。

そのとき 初めて 猿年に富士登山をするのが 「縁起がいいこと」だと知りました。

それは、御朱印をもらうときに「普通のがいいですか?」「12年に一度の特別なものが

いいですか?」と聞かれたので 尋ねると縁起がいいことなんだと言われました。

 

だから 今回の 登山は トイレットペーパーから始まり

行きなさいというサインだったのだろうと思いました。

下山道は、雨だったら、やめようと決めてたけれど

天気も晴れたので、大砂走りを 大はしゃぎで走り(砂が靴に入らなかったので思う存分)

宝永山を通り抜け、大満足で下山しました。

 

ドライブインで富士山に登ろう!というトイレットペーパーを買ったところから

この3度目の富士登山は決まっていて、その流れに従うか従わないかは

僕次第だったのだと思います。

 

☆ 滅多に休めない友人が富士登山してみたいと言い出したこと。

☆ 母の退院が登山予定日から ずれたこと。

☆ 自車で行くつもりがマイカー規制があり、自分の車では登山口に行けないことがわかり

  急きょバスツアーに電話してみたら、一発目で決まったこと。

 

  

登山が決定してからは

☆ 台風が来ていて 土曜の夜から日曜にかけて雨の予報。

☆ 登山道と下山道を変えて大砂走は絶対やりたい!

 

 

 雷で登山禁止にならない限りは、できるだけ山頂は目指そうと思っていました。

決して、無茶はしないと思っていたし、視界がまったく見えない状態になったときは

同じルートで下山しようという覚悟もありました。

 

とにかく 行ってみる!

行ってから考える。 考えた結果をやってみる。

 

かなり しんどかったけれど、それ以上の 満天の星空。御来光。

四季をいっぺんに味わったこと。真夏の暑さ、春や秋の涼しさ、極寒の冬。

すれ違う沢山の登山客と声をかけあったこと。

もう二度と会わないだろうという人たちと御来光の時の喜び。

そして、12年に1度の縁起のいい登山だったこと。

 

経験が 人生を豊かにするものだと また実感しました。

どんなことでも、やってみることは 経験になるのです。

 

湿布だらけの 筋肉痛ですが

 

幸せです。

Today`s Messege

梅雨明けしたら

これだけはしよう

ってこと なにかな?

 

お知らせ!

電話カウンセリング希望の方は

メッセージいただけると

電話番号をお知らせします。

 

LINE・スカイプの無料電話

希望の方はIDなどお知らせします。初回15分無料です

お知らせ その2!

ポイントカードのポイントが

溜まると

オリジナルグッズ差し上げます

営業時間

早朝から夜間まで

対応しています。

お気軽にお尋ねください

プレゼント

カウンセリングに

来ていただいた方に

リッキーーカウンセリングの

マグネット差し上げます。

 

お願い!

     

申し込みいただく際に携帯電話からのアドレスの場合、

お返事がパソコンから

なのでブロックがかかって

戻ってきてしまう

場合が多くあります。

以下のアドレスは

解除していただけるよう

お願いします。

smile4u@r2key.com